住宅用火災警報器について

 新築住宅は平成16年6月から、既存住宅は平成23年6月までに設置が義務化されています。
 設置時期、設置場所は、市町村条例により定められています。

<クリックすると拡大表示されます!>
 

 住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなく
 なることがあるため、10年を目安に交換が推奨されています。
 設置時期は、 火災警報器を設置したときに記入した「設置年月」、または本体に記載
 されている「製造年」を確認してください。

 
 設置・維持管理についての詳細は、下記のホームページをご覧下さい。
  ・消防庁     
  ・住宅防火対策推進協議会 

  一般社団法人日本火災報知機工業会
 


 
 クーリングオフ等についての詳細は⇒北海道立消費生活センター


≪ 住宅用火災警報器取扱会員 ≫
 
札幌地区
札幌市内各区  
石狩市・北広島市・江別市・千歳市
岩見沢市・滝川市・歌志内市
旭川地区
 
釧路地区
 
釧路町・標茶町・厚岸町・弟子屈町
 
中標津町・羅臼町
帯広地区
 
音更町・本別町
函館地区
 
七飯町・江差町・せたな町
北見地区
 
 
紋別町・雄武町・遠軽町・湧別町
小樽地区
 
室蘭地区
 
 
伊達市・洞爺湖町
日高町
稚内地区
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright(C)2006社団法人北海道消防設備協会 All Rights Reserved